吹奏楽夏季交流コンサート
吹奏楽夏季交流コンサート

審査について

2019年度 審査員

平松久司(バンドディレクター・元全日本吹奏楽連盟理事長)
脇坂英夫(指揮者・宇治シティフィルハーモニー音楽監督)
大西由紀(トランペット奏者)
田中幸子(フルート奏者)
原幸子(クラリネット奏者)
以上5名で審査する。

■審査員および審査点数と賞に関することをまとめました。(諸規定PDFより抜粋)

審査員の選定

・審査員は3名以上の奇数とし,実行委員会が決定する。
・点数は100点満点で,順位がはっきりするように採点を依頼する。

3賞の目安

・審査の目安を,スプリーム・サウンド賞は80点以上,エクセレント・サウンド賞は70点以上,
 グッド・サウンド賞は69点以下とする。
・3賞の割合は,原則として2:6:2とする。ただし,部門によって,または演奏内容によって,
 グッド・サウンド賞の該当なしも可とする。
・賞の判定は,点数・全体のバランス等を総合的に判断して行う。
・以上,判定委員会で決定する。判定委員は若干名とし,委員長が委嘱する。ただし,出場団体の関係者は除く。
・受賞団体には,賞状を授与する。

規定違反の場合

演奏時間オーバーなど規定違反があった場合は参加賞を授与します。

ページの先頭へ戻る